マツエクOKのクレンジングオイル

【決定版】マツエクOKのおすすめクレンジングオイルランキング20選

更新日:

クレンジングオイルと聞くと「マツエクNG」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、それは昔の話で、今は技術の進歩により「マツエクOK」のクレンジングオイルも続々登場しています。

もし、あなたが「ミルク」や「クリーム」タイプを使っており、以下のことで悩んでいるのであれば、

  • メイクが全然落ちない…
  • メイクを落とすのに時間がかかる…
  • 洗い上がりにさっぱり感がない…

マツエクOKのクレンジングオイルを使うことで、これらの悩みを解消することができます。

そこで当サイトは、マツエクが長持ちするクレンジングオイルの選び方や注意事項についてまとめました。その上で、マツエクが長持ちするおすすめのクレンジングオイル10選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

マツエクが落ちるタイプと落ちないタイプのクレンジングオイルについて

まず、最初に基本的なマツエクOKのクレンジングオイルの知識について解説していきます。

そもそもなぜ?クレンジングオイルが、マツエクにダメだと言われているのかというと、マツエクの接着剤である「グルー」を溶かしてしまうからです。

ですが、一般的なグルー(シアノアクリレート系)であれば溶けないオイルを使ったクレンジングも登場しています。

というのも「ミルク」や「クリーム」だと、「メイクの洗い残し」「クレンジングに時間がかかる」「力を入れて落とす必要がある」などの問題があり、使う方が増えているからです。

また、正しい使い方をすれば「クレンジングオイル」の方がマツエクが長持ちするので、あなたにあったクレンジングオイルを見つけましょう!

マツエクOKのクレンジングオイルの選び方

次に、マツエクOKのクレンジングオイルの選び方について解説していきます。以下の4つのポイントに当てはまらないクレンジングオイルは、基本的に当サイトではおすすめ出来ません。

PointマツエクOKのオイルが配合されている

クレンジングオイルは、大きく3つのタイプに分けることが出来ます。

  1. 油脂系オイル
  2. エステル系オイル
  3. 炭化水素油

3タイプの中で、マツエクに適しているのは「油脂系」と「エステル系」オイルの2つです。

油脂系オイル

油脂系オイルは主に「米ぬか油」「マカダミアナッツ油」「オリーブ油」「アルガンオイル」など植物から採取できる油が主成分のオイルです。

お肌に優しく「保湿力」に優れたオイルですが、「洗浄力」が「エステル系」に比べて劣るのがネックなポイントです。

こんな方におすすめ

  • 薄いメイク(ウォタープルーフを使っていない)の方
  • 高級クレンジングを使いたい方

エステル系オイル

エステル系オイルは主に「パルミチン酸エチルへキシル」「エチルヘキサン酸セチル」などの成分が配合されています。

「洗浄力」「保湿力」のバランスが最も優れたオイルです。

こんな方におすすめ

  • 濃いメイク(ウォータープルーフを使っている)の方
  • コスパを重視

炭化水素油

エステル系オイルは主に「ミネラルオイル」「スクワラン」「イソドデカン」などの成分が配合されています。

ドラックストアや薬局などで市販されている価格の安い「クレンジングオイル」に配合されています。

一番洗浄力が高いのですが、マツエクが取れてしまう危険性があるので使用するのは辞めましょう。
(当サイトでは選出時点で排除しています。)

例えば有名なところだと「ビオレ」「ちふれ」「無印」が出しているクレンジングオイルは、マツエク使用はNGです。

Point無添加処方のクレンジングオイルである

マツエクを長持ちさせる上で、次に大事なポイントが「無添加処方」のクレンジングであるということです。

というのも、「石油系界面活性剤」は、グレーの接着力を低下させるため、マツエクが抜ける原因になります。

とはいえ、クレンジング剤の成分表を見ても「石油系界面活性剤」と表記されているわけではありません。

石油系界面活性剤


ラウリル硫酸Na、ラウリルベンゼンスルホン酸Na、ラウリルスルホン酸Na、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C12-C14)スルホン酸Na、パレス-3硫酸Naなど

界面活性剤の種類は全部で「200種類」以上あるので、全て把握するのが難しい場合は、当サイトの「クレンジングオイル」を参考にしていただければと思います。(※合成界面活性剤配合のクレンジング選考の段階で除いています。

PointW洗顔不要のクレンジングオイルである

マツエクを長持ちさせる上で、成分の次に重要になってくるのが、W洗顔不要のクレンジングオイルであるということです。

というのも、まつ毛に一番負担がかかるのは「洗顔」になります。

洗顔に配合されている成分もそうなのですが、クレンジング後に洗顔することで、まつ毛に余計なダメージが加わり「マツエク」が取れる原因になります。

マツエクを長持ちさせるためには、できるだけW洗顔不要のクレンジングオイルを選ぶといいでしょう。

Point洗浄力が高いクレンジングオイルである

クレンジング力が弱いと「ゴシゴシ」と落としたり、メイクがまつ毛に残り、余計なダメージをかかるのでマツエクが長持ちしません。

お肌に優しく、洗浄力が高いクレンジングオイルを選ぶといいでしょう。

マツエクOKのおすすめクレンジングオイルランキング20選

以上の4つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで大人気のクレンジングオイル20種類を比較しマツエクが長持ちするのはどれか?調査しました!

比較する項目は「成分」「W洗顔不要」「無添加」「洗浄力」の4つです。

マツエクに使わない方がいいクレンジングオイルは背景を赤色で表示しています。

商品名主成分洗浄力無添加W洗顔
ファンケル クレンジングオイルファンケル
クレンジングオイル
 4.5
エステル系オイル
 5.0
非常に高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
必要
アテニア
スキンクリア クレンズオイル
 4.5
エステル系オイル
 4.5
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要
シュウウエムラクレンジングオイル
シュウウエムラ
アルティム8∞
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要
THREE-バランシング-クレンジング-オイル
THREE
バランシング クレンジングオイル
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 4.0
4つの無添加
不要
クレパシー-クレンジングオイル
クレパシー
クレンジングオイル
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要
USUAL-クレンジングオイルNH
USUAL
クレンジングオイルNH
 2.0
炭化水素油 + 植物油+エステル系
 5.0
非常に高い洗浄力
 3.0不要
DHC-薬用ディープクレンジングオイル
DHC
薬用ディープクレンジングオイル
成分非公開 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
必要
MIMURA-クレンジングオイル
MIMURA
クレンジングオイル
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 4.0
4つの無添加
不要
d-プログラム-ディープクレンジングオイル
資生堂
dプログラムディープクレンジングオイル
 4.5
天然油脂+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要
リバイタル-グラナス-メーククレンジングオイル
リバイタル
グラナス メーククレンジングオイル
 2.0
炭化水素油
 5.0
非常に高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
必要

シュウウエムラ
クリア サクラ-クレンジング オイル
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要

A/O-P.M.
クリア ユース ラディアント クレンジングオイル
 4.5
植物油+エステル系
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
不要
カバーマーク-トリートメント-クレンジング-オイル
カバーマーク
トリートメント クレンジングオイル
 3.5
エステル系オイル
 4.0
高い洗浄力
 5.0
5つの無添加
必要
ビフェスタ-クレンジングオイル-ポアクリア
ビフェスタ
クレンジングオイル ポアクリア
 1.0
炭化水素油 + エステル系
 4.0
高い洗浄力
 3.0不要
カウブランド クレンジングオイル
カウブランド
クレンジングオイル
 2.0
炭化水素油 + エステル系
 4.0
高い洗浄力
 3.0必要
キュレル クレンジングオイル
キュレル
クレンジングオイル
 2.0
炭化水素油 + エステル系
 4.0
高い洗浄力
 3.0必要
ビオレ クレンジングオイル
ビオレ
クレンジングオイル
 1.0
炭化水素油 + エステル系
 3.5 3.0不要
ちふれ クレンジングオイル
ちふれ
クレンジングオイル
 1.0
炭化水素油 + エステル系
 3.5 3.0不要
無印マイルドクレンジングオイル
無印
マイルドクレンジングオイル
 1.0
炭化水素油 + エステル系
 3.5 3.0不要
ソフティモ ディープクレンジングオイル
ソフティモ
ディープクレンジングオイル
 1.0
炭化水素油 + エステル系
 3.5 3.0不要

口コミで人気の20種類のクレンジングオイルを比較してみて、やはり「薬局」など市販で買えるクレンジングほど中身が低品質であることが分かりました。

これらはマツエクに悪影響である「炭化水素油」を使っている傾向にあり、さらに粗悪な界面活性剤、保存料や香料といった化学合成物質が配合されているものもあります。

正直、このようなクレンジングオイルを使い続けると、マツエクが取れるだけじゃなくお肌トラブルのリスクは高まるでしょう。必ずしもクレンジングだけが原因ではありませんが、質の良いクレンジングを使っている方ほどマツエクが長持ちするします。

せっかく高いお金を払ってつけたマツエクですから、しっかりと長持ちさせるためにも、できるだけ良質なクレンジングを選んでおくのがいいです。

そこで次に、当サイトはさらに評価項目を増やし、マツエクが長持ちする本当におすすめできるクレンジング5選をランキング形式でまとめてみました!

【決定】マツエクOKのおすすめクレンジングオイルランキング5選

1位 ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル クレンジングオイル

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴


当サイトで最もおすすめするファンケルのマイルドクレンジングオイルは、第三者機関である「株式会社まつげエクステンション研究所(※)」で「接着強度が低下しないクレンジング」として認定されています。「安全性」「品質」「洗浄力」など文句のつけようがないオイルです。

(※)株式会社まつげエクステンション研究所は、マツエクの安全性と機能性向上について研究を行う国内で唯一のマツエク研究所。

価格【通常】1,050円
【初回】500円
今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!(無期限返金保証つき)
内容量60ml(30日分)
評価 5.0
備考添加物フリー(防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤)

編集部からのコメント

マツエク中のクレンジングオイル選びに迷ったら、当サイトでは迷わずにファンケルのマイルドクレンジングをおすすめします!これだけ「安全性」「洗浄力」「品質」のバランスが取れたクレンジングなのに使いやすい価格で、しかもオイルタイプなのにマツエクにも使えます。私もファンケルを使っていますが、マツエクも長持ちする上に洗浄力も高いのでストレスがありません!ちなみにクレンジングの達人では、ファンケルの初回半額キャンペーンを行なっています。ファンケルを試すいいチャンスなので、ぜひこの機会に試してくださいね!

2位 アテニア スキンケア クレンズオイル

アテニア スキンケア クレンズオイル

アテニア スキンケアクレンズオイルの特徴


4つの高級美容オイルが配合されているので、メイク落としだけでなく「エイジングケア」もできる優れもの。くすみの原因になる肌ステインを除去する、ロックローズオイルが配合されており、明るいくすみのないお肌に導いてくれます。

価格【価格】1,836円
今なら初回「ドリフトローション(化粧品)」付き
内容量175ml(60日分)
評価 4.5
備考添加物フリー(ハラベン・合成香料・合成色素・石油系界面活性剤・アルコール・鉱物油)

編集部からのコメント

ファンケルのように第三者機関での認定は受けてないものの、自社のマツエク試験においてマツエクに使っても問題ないとの結果が出ています。成分から見ても「洗浄力」に優れており、濃いメイクでも落とせるのでメイク落としのストレスがありません。ファンケルが合わない方は試してみるのもいいでしょう。

3位 シュウウエムラ アルティム8∞

シュウウエムラクレンジングオイル

シュウウエムラ アルティム8∞の特徴


クレンジングオイルの元祖といってもいいぐらい有名な「シュウウエムラ」シリーズの商品。メイク落としだけじゃなく「保湿ケア」もできるクレンジングオイル。

価格150mL 4,400円(税抜)
450mL 11,500円(税抜)
内容量150mL / 450mL
評価 4.5
備考添加物フリー(ハラベン・合成色素・石油系界面活性剤・アルコール・鉱物油)

編集部からのコメント

1位、2位と比べると価格が高いのがネックなクレンジング。しかし、価格に見合った高級成分がたっぷり配合されているので、ハイスペックなクレンジング。第三者機関のマツエクOKの認定は受けてないものの、優秀なオイルなので高級志向の方におすすめです。

4位 MIMURA クレンジングオイル

MIMURA-クレンジングオイル

MIURA クレンジングオイルの特徴


6つの植物オイルと3つのセラミドが配合されているので、クレンジングオイル。「洗浄力」「保湿力」のバランスが良くクレンジングオイルです。

価格3,240円
内容量150g(60日分)
評価 4.0
備考添加物フリー(ハラベン・合成香料・タール色素・鉱物油)

編集部からのコメント

6つの植物オイルと3つの保湿成分のおかげで、うるおいを保ったままサッとメイクを落とすことができます。保湿力と洗浄力のバランスが良いクレンジングオイルなので、乾燥がきになる方は使ってみるのもいいでしょう。

5位 資生堂 dプログラム ディープクレンジングオイル

d-プログラム-ディープクレンジングオイル資生堂 dプログラム ディープクレンジングオイルの特徴


資生堂の敏感肌ブランドである「dプログラム」が出しているクレンジングオイルです。敏感肌の方でも安心して使うことができるように、配合する成分を厳選して作られています。

価格2,500円
内容量120ml(30日分)
評価 4.0
備考添加物フリー(ハラベン・合成香料・合成色素・鉱物油)

編集部からのコメント

植物オイルだけでなく、エステル系オイルも配合されているので、ウォータープルーフなどの濃いメイクでもしっかり落とすことができます。敏感肌だとアレルギーが出てしまう可能性がある「植物エキス」などの余計な成分が配合されていないので、敏感肌の方は使ってみるのもいいでしょう。

迷ったらコレ!マツエクにファンケルクレンジングオイルがおすすめな理由!

数あるクレンジングオイルの中で、なぜファンケルがマツエクにおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

ファンケルがおすすめの理由

  • クレンジングオイルなのにお肌に優しい
  • 第三者機関でのマツエク使用OKの調査をクリア
  • ウォータープルーフのマスカラも擦らず落とせる
  • 毛穴の汚れまでスッキリ!
  • 「うるおいバリア成分」を守って、うるおいキープ
  • たっぷり1ヶ月試せてワンコイン(500円)

当サイトがマツエクにファンケルをおすすめする理由は、ずばり「洗浄力」「成分」「保湿力」などのバランスが良く、マツエクが長持ちしやすいからです。

また、第三者機関から「マツエクOK」の認定を受けているのも評価が高いポイントです。

自社試験のみのチェックで「マツエクOK」と謳っている商品とは違い、信用できる第三者機関のチェック済みなので、安心して使うことができます。

\【限定】今なら初回50%OFFのトライアル価格で試せる/

 

 

-マツエクOKのクレンジングオイル

Copyright© 【人気100商品】マツエクが長持ちするクレンジングおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.